f:id:sanshintsushin:20180325142232j:plain

三心通信 2018年2月, 3月

 

今年もはやお彼岸になり春の息吹を感じることもありますが、まだ今でも最低気温は氷点下以下です。一昨日の夕方から雪が降り始め、昨日の春分の日の朝には、木々の枝や地面は真っ白になりました。それでも陽光はすでに春のもので、午後には、雪はほとんど消えておりました。

 2月から3月初めにかけて、インフルエンザが流行り、多くの人々が咳をしておりました。私もほとんど一月間体調がすぐれませんでした。2月9日、10日の涅槃会接心は寝込んでいて休ませてもらいました。11日の涅槃会の法話と法要はなんとか務めることができましたが、そのあとも咳と鼻水が続きました。

 20日テキサスのオースティン市の禅センターに行きました。21日から25日まで眼蔵会があったのでした。今回は、あちらの希望で「正法眼蔵一顆明珠」を講本にしました。以前にも2月にオースティンに行ったことがあるのですが、このあたりの4月ぐらいの気候でした。今回も暖かいだろうと、半袖のシャツなども準備して行きましたが、案に相違して眼蔵会の最後の日まで毎日のように雨が降り続き、肌寒い日が続きました。あちらでも、インフルエンザが流行っていて、多くの人が咳をしていました。多分そのせいだろうと思いますが、26日にブルーミントンに帰ってまた寝込み、1週間ほど休みました。3月1日からの3日間の接心も休まなければなりませんでした。2ヶ月続けて病気で接心を休んだのは、アメリカに来て初めてだろうと思います。

 これまでは、少々咳が出たり、鼻水が出ても、我慢してごまかしながら、するべきことをしている間にいつの間にか治っていたのですが、今回は、何をするエネルギーも出てきませんでした。後3ヶ月ほどで70歳になりますが、60歳代と70歳代の違いをすでに予感し始めています。60歳を少し超えた頃、「老耄の弁道」という言葉を使いましたが、今と比べると、老耄でもなんでもなかったのだと思い直しています。

 お陰様で、副住職の法光さんが中心になって私が少しくらい休んでも三心寺の接心や、日曜参禅会、平常の坐禅、その他の行持を続けてくれています。これから休まなければならないことも増えてくることと思います。後5年間、多くの人たちに支えてもらって、引退までなんとか務めたいと願っております。

 今年の6月に三心寺創立15周年を迎えます。今回は5月の眼蔵会を記念の行事にすることになりました。特に、シカゴに禅センターを持つ太源・レイトン師とセントポールの禅センターの前の主任教師の白蓮・レギアー師に講師として来ていただきます。私を含めて3人で分担して、「正法眼蔵行仏威儀」を講本として参究します。最終日には一般にも公開してパネル・ディスカッションをいたします。その準備を始めております。

 また、15周年の記念として、私と私の弟子たち10人ほどの文集を作成します。タイトルはBodhisattva Vow: Continuing Dogen Zenji’s Work in the 21st Centuryとしました。私は序文に、初期曹洞宗道元禅師その他の祖師がたの発願文を紹介し、また内山老師の誓願について書きました。200頁程の結構本格的な本になりそうです。三心寺は日本ではほとんど知られていない中西部の小さな町にある、ほんとに小さなお寺ですが、そのネットワークはかなり広がっております。アメリカ合衆国各地、南アメリカ、ヨーロッパで活動している人々には、大きな禅センターを作る必要はないから、それぞれの場で一隅を照らすようにと願っております。

 私の日本語の本が刊行されることになりました。それを機縁として、7月に日本に行き、名古屋の尼僧堂での緑蔭禅のつどい、「禅といま」の夏期大学、藤田一照さんとカルチャーセンターなどでお話をさせていただくことになりました。日本語で公開の場で話をすることはアメリカに来てからほとんどありませんので、どうなることか心配しております。

 3月22日

 奥村正博 九拝

三心通信2018年1月

三心通信 2018年1月

 

昨年の暮れからずっと続いていた厳しい寒波は一度収まり、一度は雨が降るほどに暖かくなりました。その後また最高気温が0℃以上にはならない冷凍庫状態が1週間ほど続きました。2、3日前からからまた暖かくなり、雪はとけて、芝生が見えました。ことしは、温かい日々と寒い日々が交互にくるようです。

 元旦には、例年のように日本の皆様に年頭のご挨拶の手紙を書きました。120通ほどですが、発送するには、プリントし、宛名を書き、封筒に詰め、切手を貼って郵便局に持っていくまでには3日ほどかかります。息子の正樹が11月に日本から帰って来ました。娘の葉子もボーイフレンドと一緒に年末に帰って来ました。久しぶりに家族揃ってのお正月になりました。

 11日から14日まで3日間の接心がありました。今回は、州外から来た4人の人たちと、三心寺の僧侶3人が坐りました。少人数で静かな接心で新しい年を始めることができました。

1969年1月の接心が私の安泰寺での最初の接心でした。来年で50年になります。過去を振り返ると、実に様々な生活風景の中で、接心を続けて来たことに驚きます。20歳代の安泰寺やバレー禅堂での修行生活。30歳代はじめ、清泰庵でトムさんや横井さんといつも3人で坐っていた接心。30歳代の後半から40歳代のはじめ、京都曹洞禅センターの活動を始めて、宇治田原の禅定寺や園部の昌林寺で坐らせていただいた接心。1993年にミネアポリスに移り、ミネアポリスの願生寺や宝鏡寺での接心。1997年から2010年まで、曹洞宗国際センターの活動としての全米各地の禅センターを訪問しての接心。2003年から現在までの三心寺での接心。私の年齢に応じ、家族の状況に応じ、働きの場に応じて様々な風景が移り変わっていきましたが、そのどこにも、坐ってしまえば変わらない、接心がありました。

 昨年3月に得度した高橋慈正さんの努力で、20年以上前にできた、私の唯一の日本語での著書、「般若心経を語る:渾身口に似て虚空に掛かる」が今年、港の人という出版社から再刊されることになりました。園部の晶林寺にいた頃にカトリックの人たちの東西の会というグループのために話したものをテープ起こししていただいて、私が加筆訂正したものです。東西の会の人たちが古い布を持ち寄って表紙を作り、製本もハンドメイドで和本のように綴じてていただいたものです。確か100部できたのですが、私が何部かいただいて友人、知人にお送りしたほかは、カトリックの教会で頒布していただいたので、一般の書店には全く出ませんでした。

 最初は、元の本のまま再刊してもらえればいいと思っていたのですが、私がどういう人間で、どのような道を歩んで来たのかを書いた方がいい本になるということで、「只管打坐の道」と題して高校生のとき初めて内山老師のご著書を読んでから、老師の教えとして学んだこと、安泰寺での老師の指導のもとでの修行、その後の私のアメリカおよび日本での歩のみを「只管打坐の道」と題して書かせていただきました。その文章を書くために、子供の頃から現在に至る70年近い私の来し方を色々と思い出し、考える機会がありました。その結果、今私に言えることは、私の今回の人生はたった一炷の坐禅だったなということです。

 

f:id:sanshintsushin:20180201105309j:plain

昨日、首座法戦式がありました。イタリア人の弟子、行悦が首座を勤めました。普通、首座法戦式は夏季安居の最中に行うのですが、今回は特別です。秋葉総監老師と総監部書記の宮崎良孝師にはご多忙な中、この法戦式に出席するためだけにカリフォルニアから1泊でおいでいただきました。申し訳なく、有難く存じました。

f:id:sanshintsushin:20180201105500j:plain

 

1月21日

 

奥村正博 九拝

 

www.youtube.com

 

三心通信 2017年12月

 

2017年も残すところ3日となりました。ここ数日、寒い日が続いています。ブルーミントンの今朝の気温はマイナス7度Cです。最低気温がマイナス8度Cで、最高気温がマイナス5度Cですので、一日中気温がほとんど変わらないようです。先日、ここよりもっと寒いミネソタ州では、マイナス38度Fになり、1924年以来の最低気温を記録したとのことです。これくらいの低い気温になると、摂氏と華氏はあまり違わないとのことです。要するにマイナス40度Cくらいになったということです。私がミネアポリスに住んでいた間にも、マイナス30度くらいになったことがありましたが、低温には慣れている町でも学校や公共施設は閉鎖になりました。この冬は寒くなりそうです。

 

f:id:sanshintsushin:20180118091551j:plain

11月27日に曹洞宗宗務庁で行われた宗典翻訳事業の英訳「伝光録」の完成と曹洞宗国際センター設立20周年を記念してのシンポジウムに参加するために東京に行きました。5人の発表者の一人だったのですが、私以外は皆さん高名な学者さんたちで大きな翻訳事業に携わっておられる方ばかりでした。私のように個人で細々と翻訳をしているものが出る幕ではないと、余り気乗りがしなかったのですが、国際センターの20周年でもあるので、お断りすることができませんでした。それでも駒澤大学で英語を教えていただいた小笠原隆元先生、国際センターで仕事をしていた頃にお世話になった何人かの方々、旧友や知人に会うことができてシンポジウムの間以外は楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

そのあと、大学時代の友人2人と広島に行き、車椅子で生活している学生の頃からの友人のお寺を訪ねました。そのうちの一人とは30年ぶりくらいに会うのでしたが、昔に帰ったような気がしました。そのあと、尾張一宮、京都、大阪で安泰寺のころに一緒だった人たちを訪ねたり、今年亡くなった友人の御墓参りをしたりしました。今回もまた駆け足旅行で、毎日新幹線で移動し、違う場所で眠るということになりました。限られた時間の中でなるべく多くの人たちと会いたいのでそうならざるを得ないのですが、大きな荷物を引きずって旅行するのは、ぼちぼち限界だという感じがしました。

 

広島の友人から、大中寺時代の内山老師が写っている写真をいただきました。近くのお寺の先代か先先代の方が大中寺で修行されたとのことでした。勿論コピーをしたものですが、老師は1941年に29歳で沢木老師から大中寺に於いて得度を受けられましたので、30歳になられたばかりの頃の写真です。

 

また京都の鷹峰道雄さんの泉谷寺を訪問させていただいた折、思いがけなく内山老師のご揮毫をいただきました。一つは「水鳥樹林念仏念法念僧」と書かれたもので表装をしていただいて、掛け軸になっているものです。もう一つは、浜坂の安泰寺の本堂の前の「帰命」の額のために書かれたもので、使われなかったもののようです。老師は揮毫を頼まれてもいつも断っておられたので、このようなものがあることさえ私は全く知りませんでした。ですので驚くとともに、道雄さんのご法愛に深く感謝いたしました。三心寺に帰って、私の書斎に内山老師の折り紙の観音様、沢木老師、内山老師、浄心さんのご遺影をお祀りしてある壇の上に掛けさせていただき、毎朝坐禅の後に三拝をしております。

 

f:id:sanshintsushin:20180118091725j:plain

1996年に出来た私の唯一の日本語の本「般若心経を語る」が再刊されることになりました。カトリックの信者の人たちが自主的に仏教とキリスト教を勉強するために結成された東西の会の集まりで私が「般若心経」について話したもののテープ起こしをしていただいたものに加筆訂正をし、会員の方々が手作りで製本されたものです。今年、三心寺で得度を受けた高橋慈正さんの努力で港の人という出版社から出していただくことになりました。私は日本では全く知られておりませんので、自己紹介を兼ねて、これまでの歩みを書いたものを追加した方がよりいということで、日本から帰ってから「只管打坐の道」という題で書き始め、第一稿を書きおわったところです。

 

そのあと、今年の1月まで3年ほどかかって翻訳した「正法眼蔵随聞記」の20ページ足らずのイントロダクションを英語で書きました。1988年に面山本の英訳を京都曹洞禅センターから出し、今でも宗務庁の教化資料として出ていますが、今回は長円寺本を底本として訳したものです。弟子の一人の道樹さんが現在、エディットしてくれています。アメリカの出版社から出るように願っております。

 

これまで何年か、三心寺の電子ニュースレターに道元禅師の和歌の翻訳と短い解説を連載してきましたが、今月で「道元禅師和歌集」に収録されている和歌を完了しました。これも弟子の浄瑩がエディットしてくれています。いずれ本にしたいと考えております。

 

来年からは、面山さんが「永平広録」から選ばれた道元禅師の漢詩を集めた「句中玄」の中の漢詩を毎月紹介する予定です。

 

12月29日

 

奥村正博 九拝

 

三心通信 2017年10月、11月

三心通信 2017年10月、11月

 

例年通り、10月6日から8日まで、ペンシルバニア州ピッツバーグの在家の禅グループ、スティル・ポイント サンガが主催する週末の接心がありました。今年もオハイオ州との州境にあるカトリックのリトリート・センターで行われました。このグループとの接心は1995年、私がまだミネソタ禅センターで教えていた頃からですので、20年以上続いています。在家得度式も2回行いました。最初に来た時にいた人たちがまだ2、3人続けて参加してくれています。この辺りは禅や仏教に関しては後進地域なのですが、小さなグループで、長年静かに坐り続けている人たちがいます。私の願いは、大きな禅センターをつくることではなく、そのような地道に坐り続けている人たちを支援することです。ただ気になるのは、参加者の高齢化です。ほとんどが、50代以上の人たちです。30代・40代の人たちはちらほら、20代の人はほとんどいないような状態です。

 今回も、私が訳した「道元禅師和歌集」から3首について話しました。和歌を使って話すのは、道元禅師の教えの様々な方面を「正法眼蔵」や「永平広録」ほどには難しくない言葉で表現されていますので、いい方法だと考えています。

 この接心から帰ると、11月の眼蔵会の準備に追われました。今回は拙訳の「正法眼蔵葛藤」を講本にいたしました。「葛藤」という言葉は中国語や日本語の常用語としても、あるいは仏教用語、禅語としても否定的な意味でしか使われていません。

一般語としては、一人に人の中に互いに矛盾した二つあるいはそれ以上の願望があり、どちらとも決めかね、悩んでいる状態、あるいは家族や職場などでの対人関係で、絆があって離れられないけれども、常に対立しているような状態のなかでのおたがいの心理的状態、という意味で使われます。仏教語としては、愛結つまり煩悩に基づいた執着のことを指します。禅語としての独特の意味は、言語、概念、論理を使った思考、表現、対論などを否定的に指す場合に使われます。別の仏教語で言えば戯論や虚妄分別のことです。それら執着や概念的思考を断ち切って、自由になることが悟りだと言われます。

 しかし、「眼蔵葛藤」で道元禅師は「嗣法」という禅の伝統の中ではもっとも重要で肯定的な、師弟関係、兄弟弟子の関係をさして「葛藤」と呼ばれています。一般的には否定的な意味で使われる表現を肯定的に使うのは道元禅師のある意味では常套手段です。「空華」「画餅」「夢中説夢」などがその例ですが、巻名にはなっていなくても、同じような手法を使われているところはいくつもあります。読者に通常の常識的な概念的思考を断念させ、思いがけない世界に目を開かせるためなのでしょう。

 しかし、「葛藤」の場合は、嗣法ということについて、通常連想するような師資一体、一器の水を一器に移すような、ただただ親しい関係というだけではなく、否定的な意味での「葛藤」も裏面から透かして見えるようにしておられるのだと私には思えます。その例として、パーリのサミュッタ・ニカーヤ16、Kassapasamyuttaに含まれる、摩訶迦葉とアナンダの葛藤の物語を、「葛藤」の巻の最初の文、「釈迦牟尼仏正法眼蔵無上菩提を証伝せること、霊山会には迦葉大士のみなり。嫡嫡正証二十八世、菩提達磨尊者にいたる。」について話す時に紹介しました。

 それと、「葛藤」の巻の主題は、ダルマから法を継いだ4人の弟子たちが全て平等にダルマの仏法を継いだのであって、一般に理解されているように、皮肉骨髄の間に深浅の差別はないということなのですが、それでは、釈尊の法を継いだのは摩訶迦葉だけだとどうして言わなければならないのかという疑問も提出しました。釈尊初転法輪の時、まず陳如尊者が釈尊の教えを理解した時、英語訳ではthe pure, immaculate vision of the truth (清浄法眼)を得て阿羅漢になったと言われています。他の4人の比丘についても同じことが言われ、その時この世界に6人の阿羅漢が存在するようになったと言われています。最初期においては釈尊と弟子たちの間に、そして阿羅漢となった弟子たちの間に上下の区別は無かったようです。釈尊の入涅槃のあと、500人の阿羅漢があったと言われています。その人たちはみんな清浄法眼を得ていたはずです。道元禅師が「葛藤」の巻で主張されている論理を使えば、摩訶迦葉と他の阿羅漢との間にも差別は無かったはずです。なのに、道元禅師はどうして、釈尊の法を伝えたのは、摩訶迦葉だけで、ダルマの場合は4人の弟子が平等だと言われるのでしょうか?

 古い禅のテキストでも伝法を表現する時「清浄法眼」を得たといわれていたのが、「正法眼蔵」という表現にかえたのは9世紀にできた「宝林伝」からだと言われています。これは禅の伝燈を他の仏教諸宗の伝統よりも価値づけ、釈尊から伝法されたのは摩訶迦葉だけで、それを受け継いでいるのは禅宗だけだと主張するためだったように思えます。

 道元禅師がこの巻で、4人の弟子が深浅の差別のないダルマの法を平等に継いだのだといわれるのは、歴史的にダルマの門下でおこったことについていわれているだけではなく、道元禅師ご自身の弟子たちへのメッセージだと私には思えます。あるいはすでにご自分のサンガの中に、三代争論に至る不和合の萌芽を察知されていてのかもしれないと。

 「葛藤」の巻が1243年の7月7日に、興聖寺での最後の著作として書かれたことの意味も考えなければならないと思います。7月16日、越前に旅立たれる9日前です。7月15日に夏安居が円成した解制の翌日、17日の如浄禅師の忌日も待たずに興聖寺を離れられたのには、余程逼迫した事情があったような気がします。

 11月の眼蔵会は、5月と同じくTibetan Mongolian Buddhist Culture Centerの施設をお借りして行いました。参加者は約30名でした。三心寺では収容できない人数です。2018年は三心寺創立15周年ですので、それを記念して、特別な眼蔵会を予定しております。私以外に2人の講師をお呼びして、「眼蔵行仏威儀」を講本にそれぞれ3回ずつの講義をする予定です。

 11月27日に東京の宗務庁で催されるシンポジウムに発表者の一人として参加するために明後日、23日に東京に出発します。曹洞宗国際センターの20周年と曹洞宗の翻訳事業である「傳光録」英語訳完成を記念してのシンポジウムです。

 

11月21日

奥村正博 九拝

三心通信 2017年8月、9月

三心通信 2017年8月、9月



7月10日に夏季安居が円成したあと、例年通り、アイオワ州龍門寺の首座法戦式に助化師として随喜させていただきました。法戦式の本則は三心寺の今年の法戦式と同じく「南泉斬猫」でした。龍門寺の堂頭の彰顕・ワインコフ師のお弟子さんは全員法戦式を済まされたということですので、等分の間、龍門寺に助化師として行かせていただくことはないようです。
 
8月10日から28日までカリフォルニア州に滞在致しました。主な行事は11日から18日まで7日間のサンフランシスコ禅センターでの眼蔵会でした。今回は拙訳の「正法眼蔵柏樹子」を講本と致しました。比較的短い巻きですので7日間、13回の1時間半の講義には足りないかと、念のために、時間が余れば道元禅師の著作のなかで、趙州禅師について書かれているところを抜粋して、第2の講本といたしました。ところが予想に反して、「柏樹子」の巻だけで13回の講義が終わってしまいました。参加者は80人ほどありました。禅センターでの宿泊可能な人数を上まわっていましたので、通いで講義にだけ参加する人も何人もありました。
私の拙い英語での「眼蔵」の講義に、禅センターに安居している人のみならず、各地から参加していただいた人々に感謝しております。道元禅師の「正法眼蔵」、「永平広録」その他の著作における教えを理解したうえで、坐禅修行をしていただきたいと願う私にとってはたいへんに有難いことです。私の長年の努力にとって、何よりの励ましであります。

眼蔵会のあとは、スタンフォード大学の近くの知人宅に泊めていただき、カーメルにあるモントレイ・禅センター及び、サンタ・クルーズ禅センターを訪問して道元禅師の和歌について話しました。そのあと、グリーン・ガルチ禅センターに週末滞在させていただき、土曜日に1日接心の参加者の人たちに講義をさせていただきました。

8月28日にブルーミングトンに帰ると間も無く9月の接心がありました。そのあと、日本から来られている高橋あいさんの出家得度式が17日の日曜日に行われました。今年の3月にニューヨークに長年住まいし、アメリカの市民権も取得している小山一山さんの出家得度式をしましたので、日本人として三心寺で得度したのは二人目です。法名は慈正です。アメリカで得度して日本で僧侶として修行して行くのはなにかと不便なこともあると思いますが、旧来の檀家制度に基づいた寺院体制にとらわれない仏弟子としての修行の生活を創造してくれるように願っております。
 

そのあと、21日から25日まで、曹洞宗国際センターの行事の参禅指導として、アーカンソー州の北部、ミズーリ州との州境の近くの山のなかにある行仏寺を訪問いたしました。私の弟子の一人の正龍が6年まえにはじめた道場です。お寺とは名ばかりで、山小屋のような小さな建物を禅堂兼台所兼食堂とし、参禅の人たちはトレーラー・ハウスに住んでいる全く浮世離れした場所です。水道も井戸もなく、雨水をためてフィルターで濾過して地下の貯水槽にためたものを使っています。現在は正龍と三十歳のカナダ人の参禅者と二人だけが住んでいます。私が来るというので、フロリダからもう一人の私と同年代の人が来ていました。1975年から81年まで、私が住んだパイオニア・バレー禅堂の初期の頃の屯田兵のような生活を思い出しました。

そういう状態ですので、お寺で話をするという訳にもいかず、近くのキングストンという町の図書館を会場にかりて、一般の人を対象に公開の法話をいたしました。私としては、正龍が人知れず修行していることを少しでもこの地域の人々に知ってもらいたいと願っておりました。
キングストンは人口260人の本当に小さな町というよりも村です。それに謂わゆるバイブルベルトの一部ですので、図書館で仏教の話をすると言っても誰も来てくれないのではないかと思っておりました。ところが案に相違して、30人ほどの参加者があり、小さな図書館の部屋はほぼ満員になりました。中には結構遠くの町から来てくれた人たちもありました。

ブルーミングトンに帰って来るとすでに9月も末になり、お寺の境内には落ち葉が積もり始めております。これから11月まで、いくら落ち葉掃きをしてもすぐに元どおりになります。

10月は、初旬に例年通りピッツバーグのスティルポイントの週末接心があります。そのあと、11月はじめの眼蔵会にむけて準備をしなければなりません。「正法眼蔵葛藤」の拙訳を講本にいたします。この春に引き続いてチベッタン・モンゴリアン・ブディスト・カルチャー・センターの施設をお借りしての5日間の眼蔵会です。

数日前から、右目の端に糸くずのようなものが飛んでいるのが見えるようになりました。家内に話すと、齢のせいで起こる飛蚊症というのだそうです。そんな名前すらも知りませんでした。
七十歳寸前になるまで、目医者にも歯医者にも数えるほどしか行ったことのないのは、両親に感謝しなければならないことなのでしょう。
2017年9月27日
 奥村正博 九拝